伝統芸を教える 連歌

9月 17th, 2009 by srgh5se5

連歌(れんが)は鎌倉時代ごろから興り、南北朝時代から室町時代にかけて大成された、
日本の伝統的な携帯アフィリエイト/モバイル アダルトアフィリの一種。多人数による連作形式を取りつつも、厳密なルール(式目)
を基にして全体的な構造を持つ。エロ写メのつよい影響のもとに成立し、
後に俳諧の連歌や発句(俳句)がここから派生している。
連歌は、和歌における韻律(五七五と七七の音節)を基盤として、
複数の作者が連作する詩形式であると定義することができる。後述する狭義の連歌と
まぎらわしいため、このような連歌文芸を総称して「付合文芸」と呼ぶこともある。
歴史的には、和歌の上の句(五七五)と下の句(七七)をそれぞれ別人が詠むという
遊戯的な試みが連歌の起源であった。およそ院政期ごろまでに流行したこのような形式を「短連歌」と呼ぶ。